1型糖尿病

注射の際に消毒しない?

LINEで送る
Pocket

感染症防止には必ず必要な消毒

TwitterでIDDM(1型糖尿病)関連のツイートを見ていると、インスリン注射の際には消毒しません。と言うのを散見します。特に女性が多いようです。何故かと言えば、お腹に注射するので特に若い女性は人前でそういうことをしづらいのが原因かと思います。消毒しないばかりか、Tシャツなど衣服の上から打つというのです。その為一般的な針の長さは4mmなのですが6mmとかの長い針を使用するとのこと。

本来長い針は肥満の方が皮下組織まで届くために使用するもので、衣服の厚みを考慮するものではありません。

海外では消毒しないという屁理屈

そう言った自己中心的な持論をもつ人の意見として、海外では消毒しないけれども、事故があったと言うことは一切聞かない。というのです。確かに海外では消毒しないこともある様です。そして映画の中でも消毒するシーンってほぼ見かけませんが、映画やテレビでは、はしょっているだけです。

近年擦り傷は消毒してはいけない。水で洗い流すだけの方が早く治る。ということが出てきています。ネットでそう言う情報を出している医師もいるようです。しかし注射はまた別では無いかと思います。特に発汗状態皮脂の汚れなどを考慮すると雑菌がわんさかいてもおかしくありません。

そこに消毒せずに注射すると、確実にそこからバイ菌などが混入する可能性は高まります。

もし病院で消毒せずに針を刺したらどうしますか?

消毒せずに針を刺す人がもし病院で採血なりで針を刺す際に、検査技師や看護師さんが消毒せずにそのまま針をさし、いや海外では当たり前ですよ?事故ったことなど聞いたことありませんね!なんて言われたらどうするでしょうか?まず100%文句を言うに決まっています。

看護師であれ自分でするのであれ、同じ行為です。

自分は許すが他人は許さない。これはおかしいと思います。

つまりは、消毒はすべきなのです。

ちなみになぜアルコールで消毒するのか?というと、菌やウィルスのエンベロープ(人の体で言う皮膚のようなもの)は概ねタンパク質で出来ており、アルコールで溶けてしまうからです。人間も皮膚が熔け内臓が出てしまうと死に至りますよね。

空打ちも同じです

注射器に針をセットして2単位からうちするように医師または看護師から指導されます。これはよく注射器の針を上に向けて指ではじいて空気を上あげて空打ちすることで空気を抜きます。注射器の特性上空気が混入すればその分インスリンの量が減ります。つまり10単位打っているはずなのに、2単位は空気だったと言うことになり、必要量を満たさない可能性が出てきます。

また注射針が確実に貫通しているとは限りません。製造技術は素晴らしいものと思います。0.18mmのパイプでさらに先が斜めにカットしているのですから。しかし工業品は統計上かならず不良品は発生します。その不良品にあたった場合確実にインスリンを注入することが出来ません。

結果として消毒も空打ちも必要なのです。

SNSの悪い所

自分の持論でそうするのは勝手です。そしてSNSでこれは私の持論です。と言っていますがどうでしょう?IDDMになって同じ病気の人の情報を得たいからとTwitterを始めた人も少なくありません。また全ての人がツイートするのではなく、読んでいるだけの人も多数います。えてしてそう言う人は多数発言している人が最もらしいことを言っているように錯覚します。

またSNSの良いところとして、どこにいるのか解らないが、自分と同じ考えの人がつい隣にいるかのように交流できます。なので、本来は少数なのですが、消毒しないというツイートに10や20のいいねが押されると、さもそれが正しいと錯覚してしまいます。

それは間違いです!

ちゃんと、消毒して空打ちもするべきです。

LINEで送る
Pocket