生活,  社会

テレビを鵜呑みにするな

LINEで送る
Pocket

テレビの言うことは正しいんだという大きな錯覚

子供の頃から身近な娯楽として存在するテレビ。娯楽だけでは無い、ニュースもテレビで身近にリアルタイムに近い情報が取得できます。そしてニュースを面白おかしく取り上げている「報道」とはちがう、ワイドショー番組。ある意味ニュースの垂れ流しです。

それらの情報が正しければなんら問題は無い。見る側がどのニュースを見るのか取捨選択を行えば良いだけでです。

SNSやYouTubeなどをみていると、「テレビで報道されない○○○」というようなタイトルが散見されます。なかには視聴回数を上げるための「ツリ」もありますが、なかにはちゃんとしている情報配信もあります。

それら注意深くみて、テレビなどと比較して、ネットで海外からの情報と照らし合わせて精査すると、テレビの情報がいかに怪しいものか良くわかります。

これではテレビはまったくもって正しいものを報道しているとは言えません。

視聴率第一主義のテレビ

NHKは国費と視聴料で成り立っているようですが、民放はスポンサー料で賄われています。もちろん基本的には株式会社ですので株式からの投資も有るかと思いますが、大半は広告料だとおもいます。

それが証拠に、何か不祥事(不倫や薬物・暴力事件など)をやらかしたタレントや俳優が出演番組から降板します。場合によっては番組そのものが無くなることもあります。それはその出演者が出ていることでスポンサーに影響が出るからです。

例えばドラマで主演・もしくは主演に近いタレントが不倫騒動を起こした場合、放送しているテレビ局に「なぜあんな奴をだすんだ!」と猛烈な抗議の電話なんかが入るそうです。そしてその番組提供企業にも、あんな奴の番組を提供する貴方の会社のものは一切買わないなどと抗議も入るそうです。ただこれはやり過ぎかもしれませんが、、、

しかし言い換えれば広告主の顔色を伺うからですよね?

広告がつかなければテレビ局の収入は無くなります。つまり売り上げが下がります。

スポンサーは,○○の番組は視聴率が10%あるので、そこにCMを入れると費用対効果がこれくらいありますとプレゼンされCMをだしたり番組提供するわけですから、その番組を誰も見なければ、提供する意味がありません。

なので、視聴率第一主義になるわけです。

以前仕事で飲食店のテレビ取材に立ち会う機会がありました。その番組のスポンサーは電力会社。しかし厨房が映る際にガスコンロがあるのはまずいと、わざわざ当時ほとんど無かったIHコンロを持参して取材していました。そこまでする?って感じです。

ニュース番組の視聴率

ニュース番組は。朝、昼、夕方、23時代と一日数回あります。そもそも報道とはなにか?国内を始め海外などでどのようなことが行われているのかを中心に広く国民に知らしめる事が目的では無いでしょうか?

また「メディアの力」で、悪い事を報道し世に知らしめて追求弾劾していくことも使命ではないでしょうか?

ところが、そのニュースでさえ「視聴率」が悪いと、番組が終了してしまいます。逆に言えば資料率を稼ぐためのエンターテイメント番組に成り下がっています。とはいえ番組ないでお笑いをする事は出来ませんから、見ている人がこの飲むもの、好きそうなものをあえて放送しています。

流石に嘘は報道できません。いちおうBPOってものも有ります。たまにやらせでしたとBPOで訴追されている報道番組有りますよね。しかしそのやらせの原因は大抵は「視聴率を稼ぐため」が原因では無いでしょうか?

ですので、非常に偏った報道と都合の悪い事は報道していないとしか思えません。

武漢肺炎の報道にしても、どこどこで感染者が何人・死者何人・・・という、恐怖をあおっているとしか思えません。

ニュースの元ネタは?

そもそも報道記者が足で情報をかき集めてニュースにしていたのですが、ネットの発達とともに、ネットで情報を得ることが多くなってきました。何か事件や事故があった際の動画などは「視聴者提供」って書かれていることが大半です。

これはTwitterなどSNSをくまなくみて、ツイートした人に即座に情報提供をアプローチしています。ニュースだけではなく情報番組全般に言えることです。

そして先日の「トイレットペーパー事件」

米子市の医療生協の職員が、トイレットパーパーが無くなるとツイートしたことがバズり、それを見た報道関係者が取り上げて、テレビをみたネットを使わない情報弱者の高齢者が買いあさる。そして買いあさっているところをさらに報道、それをみてどんどんデマが広がり全国からトイレットペーパーが消えました。

視聴率稼ぎの煽りにつられた

ニュースソースのトイレットパーパーが無くなるのは「デマ」でしたが、それを正しく報道しなかった、無くなって購入者が殺到している!!とそこだけ切り取って報道したことからメーカーや中間業者の倉庫には在庫はあるものの、流通が追いつかず店舗に届かないという本末転倒の事態が発生しました。

これはテレビを鵜呑みにして、さらに人間の不安感をあおっているからです。デマだと解っていても、万が一の事を考えたら不安だから買いましたって、さらにインタビュー報道しています。それを見た人が、あーそうだな。嘘でも無くなっているのは事実だからあるうちに買っておこう。なんて、さらに拍車が掛かります。

テレビはプロパガンダ

テレビの情報はえてして正しくない。ただしい方向性で報道されていないというのは周知の事実でしょう。そうしないと視聴率が取れないから。それは報道ではありません。報道の使命をうっちゃって金儲けに走っているからでしょう。

テレビがそうなら、見なければ良いのです。

SNSはデマやネタも多いですが、ちゃんと取捨選択すれば正しい事が大半です。YouTubeもスポンサーへの忖度もありますが(広告がつかない)、まだまだ負けじと正しいことを率先して情報をあつめて配信している方も多いです。

それらを有効に活用して、テレビのプロパガンダに惑わされないようにしていくことが、これからの重要なテーマでは無いかと思います。

テレビが言ってたから・・・は、もう辞めましょう。

LINEで送る
Pocket