生活,  社会

武漢肺炎には正しい判断が必要

LINEで送る
Pocket

孫正義さんのツイートに非難囂々(ひなんごうごう)

コロナウィルスのPCR検査キットを100万人分寄付しようと思いますと、ツイートしたところ、「医療崩壊に繋がる」と、著名人を始め普段ツイートしない人達からも、自粛するようにコメントの嵐がおこっています。

検査して陽性となった場合、受け入れ体勢が破綻してしまい、治療が出来ない等と言うことのようですが、果たしてそうなのでしょうか?

感染者数はPCR検査をした結果である

2月末現在、大阪では2名しか感染者がいませんでした。ライブハウスでの集団感染が発覚する前のことではありますが。大阪って中国からのインバウンドがおおく、南の街を歩いていても日本人より中国人の方が多いのではと錯覚するくらいです。

そのうえ、中国人観光客のストップは掛からず、大阪には中国人観光客がまだまだ来阪しています。そう言った中で大阪の感染者は「二人」です。なんかおかしいと思いませんか?

大阪では180件しか検査されていないという事実

YouTubeのニューソク通信社で須田慎一郎さんが仰っています。

 

大阪でPCR検査が行われたのは180件しかないというのです。

180人で2人ですからそんなものでしょう。39度以上発熱して隔離されている患者は多数いるそうですがPCR検査はされていないようです。

新型コロナウイルス・武漢肺炎の特徴として感染から発症から2週間程度掛かる事が多い。若い人は発症しない人もいるということで、感染しているにもかかわらず外出してまき散らしている可能性も否めないと言うことです。

クラスター感染を抑止するために

武漢肺炎の特徴の一人として、一人の感染者が次の人へと直接チェーン繋ぎで感染している事は非常にまれで、一部の特定の感染能力の高い人が次々に感染させていくということ、これをクラスター感染というようです。

クラスター感染した人の中にさらに感染能力の高い人がいた場合、さらにそこからクラスター感染が起こってしまう。そういうことで小規模クラスターを抑止するためにも、学校閉鎖に踏み切ったようです。

煽られず正しい判断が可能になる自主検査

感染したからと言って慌てふためいて、ほとんど症状が無いにもかかわらず医療に掛かるよりは、じっと自宅で安静にすることも大切だと思います。悪くならないうちにという気持ちもわかりますが、行ったからと言って治るものではありません。特効薬もワクチンもありません。

感染能力が高いのかどうかは判断出来ません。しかし感染能力が高いにもかかわらず、症状が皆無であったり、ほとんどつらさが無い場合には、たいしたこと無いと外出してしまいかねません。

そういったことを抑止するためにも自主検査は必要であると思います。

医師の既得権益が邪魔をしている

法律で、初診は医師の対面によるものが必須で有る。というものがあります。つまり何か症状が出た場合には、医師の診断を受けなければならないということです。

これは、その通りと言えば一理はあります。しかし、今回のような騒ぎの場合には、改めても良いのでは無いでしょうか?

不安だから検査をしたい。これは今のところ医療機関で無ければ出来ません。つまり初診です。初診をするとレセプトで高得点が発生します。つまり利益優先です。これはとある歯科医師に聞いた話ですが、次回は3ヶ月後に来てください。といわれることが有ります。

これは3ヶ月過ぎると再び初診になるのです。初診と再診ではポイントが違います。極論1日違うだけで全く同じ治療をしたにしても収入が増えるのです。

日本医師会が役人(国)に圧力を掛けて、初診を死守しているとしか思えません。ではなぜ日本医師会が圧力を掛けることが出来るのでしょうか?

それは日本医師会の組織票です。現政権に圧力を掛けるために日本医師会が全国の医師に既得権益をまもるために、我々(日本医師会)のいう政党に票を投じろと指示しているのです。もし他政権になってしまうと、既得権益を被れ無いので医師もその政党に投じてしまいます。

 

医は算術になっていまっている

医療は非常に大切なことです。無くてはなりません。地政学を紐解くと疫病が起こったことによって、滅びてしまった大国の事例がくり返されています。疫病で無くてもイタリアのメディチ家は梅毒で滅んでしまいました。

かの時代に現代医療がもしあったとするならば、歴史は変わっていたと言っても過言では無いと思います。

こんなに大切な医療は安定した国家を維持するには重要です。国益に直接関わることです。これが一部の人々の利益に利用されているのが現代社会です。

都市伝説かも知れませんが

少し前に世界を騒がせた「STAP細胞」もしこれが本当にあったならどうなりますか?

それこそ医療崩壊です。いや医療ではなく「薬の崩壊」です。製薬会社からしたら、直ぐに治ってしまうのは利益になりません。ましては細胞でなおるなどもってのほかでしょう。だから世界の製薬会社の闇の圧力でSTAP細胞が葬られたともささやかれています。

また、癌も超高濃度ビタミンCの投薬でなおるとも言われており、実際にアメリカではかなり実用化されているそうです。しかし1グラム3億円もする様な抗がん剤が全く売れなくなります。ビタミンCなど只みたいなものです。これも様々な圧力を受けておりなかなか治療してもらえません。

話しはそれましたが

孫正義さんがPCR検査機器を無償で配るというのは実施して欲しいです。

駆け込んで医療崩壊するのは、新型コロナウィルス・武漢肺炎の感染能力が高いからです。検査キットではありません。検査しなければ認定されませんので患者は増えません。

患者数という数値だけが先走り、そればかり煽るマスコミ。

ほんとうに、何が正しいのか、国民全てがきちんと情報精査しなければなりません。

LINEで送る
Pocket