政治,  生活,  社会

マスク転売ヤーは終了した?

LINEで送る
Pocket

3月15日以降転売は事実上禁止

令和二年3月11日、マスク転売規制が公布。四日後の15日より施工されることになりました。

 

小売店舗や EC サイトなど不特定の相手に販売する者から購入したマスクを、購入した金額よりも高い価格で、インターネットや店舗などを通じ不特定または多数の者へ転売することが禁止されます。

業務用途では無く一般向けに販売しているドラッグストア・スーパー・ネット販売などから購入した「衛生マスク」を知れ価格を超える価格でネットなどに手不特定または、多数の物に対して転売する行為を禁止するものです。

ここで対象にはならないものが有ります。親族や友人間で適正な価格である場合は不特定多数ではありませんので対象外です。またネット販売を禁止するものではありません。「購入した価格を超えた価格」で販売した場合が適応となるのです。

 

購入価格を超えなければ規制対象外

10,000円で購入(仕入れ)したものを10,001円以上で販売すると規制対象。10,000円で販売したならセーフとなります。

またドラッグストアなどが卸業者から仕入れて上乗せして販売するものは規制対象外です(通常の商取引)が、いわゆる転売ヤーなどから仕入れた場合には違法行為となります。

10,000円でネット販売されていた場合、その仕入れ価格が10,000円である場合、施工前のものは対象外ですので、たとえ探梅ヤーから仕入れたものであっても規制対象外となります。そのため、15日以降あり得ない価格で売られていたとしても、施工前に10,000円で仕入れた証拠があれば、問題ないようですが、1円でも上乗せしたらアウト。とはいえ10,000円で買うかと言えば、どうでしょうか?

 

まだまだ店頭には並んでいない

先の投稿にも書きましたが、マスクが無いと業務に支障が出る業種の場合、高くても買わなければならないことも有るかもしれません。一般的な人からすれば買わないとは思います。

ただマスコミがこぞって感染数だけを報道して、恐怖を煽っているので小金を持った高齢者はかってしまうのかもしれません。

大手ネットショップをみてみました

15日になってAmazonで「不織布マスク」で検索してみたところ、Amazonプライムでは殆どありませんでした。チェックを外し全てで検索すると、いわゆる個人もしくは法人の「出品者から購入できます」と言うものについては、まだまだ沢山あります。

価格は一時期に比べて下がり傾向にはありますが、概ね1枚70円~100円程度の価格がついています。配送料が無料のものもありますが、概ね800円程度が書かれています。

一見安く感じますが、18,000円とかいう価格に比べて安く感じるだけで、そもそもの販売価格からすれば10倍程度になります。ただしこれは、システム的にまだOKという扱いなのでしょうか?それとも規制が入っていないのか?それは判りません。しかし購入価格を上回らなければOKですので、購入価格のエビデンスを出すことが出来れば、規制にはあたりません。

ヤフーショップでも楽天でもAmazonと同じくらいの1枚70円~100円程度の価格でまだ販売されています。

これをどう見るかですが、管理監督側から具体的な施策が出来ていないものと想像します。

しかし施工されたのですから、一旦マスクは削除の上で、「販売価格=仕入れ価格」であるということが証明されれば再掲載することをするべきでは無いかと思います。この辺りは運営側の方針でしょうが。

15日は日曜日ですので、運営側の事務方も休みではあるかと思います。しかし旧とはいえ15日以降は転売は禁止という法律が施行されるのは判っていたので、何らかの手を打つべきではと考えます。

Amazonにしても、楽天Yahoo!にしても、直接販売では内容です。楽天は元より出品業者の集まりです。問い合わせても多分ショップに責任を転嫁するかと思います。ショップは土日は休みですので・・・と言い逃れするのかも知れません。

この取り締まりを行うのは警察のようです。警察とは言え何課が担当するのか不明ですが、どこまで本気で取り締まるのかと言うことです。消費者から告発を受けて動くのか?巡回して摘発するのか?これは仕入れ価格を調べないといけないので、あまりにも目立つ価格では目をつけられそうですが、横並びの価格なので取り締まるにしてもどこから?となるでしょう。

16日月曜日以降どのような動きになるのかが、注目するところだと思います。

 

転売禁止になっても市中の在庫は増えない

この法は、あくまでも混乱に乗じて火事場泥棒のようなことをするな!というのが、本筋のようです。

新型コロナウィルスの感染拡大の不安に乗じて、小売店舗などでマスクを大量に購入し、
インターネット上で高額で転売する行為が確認されています。こうした行為は、マスクの品
薄状態に拍車をかけるものです。

と、経済産業省のサイトに掲載されています。今現在高値で販売している半数以上は「にわか転売ヤー」だと思われます。それらが規制されたところで、氷山の一角だと思います。ほんとうに悪質に稼いだ奴は売り抜けて次の商売に転じていることでそう。

週に1億枚では全く足りません。台湾や韓国のように全て国が買い上げ誕生日の数字で購入者がきまるなどの措置は、日本では無理でしょう。そんなことになったら、また既得権益でどこかの誰かが億単位で儲かることになります。

国民に目をむいている役人や政治家は皆無です。2F氏はトヨタ自動車に対して、中国の経済が破綻し姐無いので1,300億程度の資金を掛けて中国に生産拠点を設けるように依頼したそうです。「は?」というか、あり得ない話です。

もうそろそろ本格的に花粉か舞だします。PM2.5や黄砂も飛んでくることでしょう。ウィルスだけにマスクでは無いのです。

何時になれば、元の状態に戻るのでしょうか?

ちなみに私の近所のコンビニや駅前のドラッグストアには、まだトイレットペーパーは並んでいません。

また消毒用アルコールや、アルコール入りのウエットティッシュのようなものも、まだまだ見かけません。

まだまだ収束の見えない新型コロナウイルス・武漢肺炎ですが、もっと見えないのは、マスク・消毒用品です。

LINEで送る
Pocket