生活,  社会

テレワーク

LINEで送る
Pocket

テレワークってなに?

新型コロナウイルス・武漢肺炎(COVID-19)が蔓延しだした頃から、感染防止のために「不要不急の外出は控えてください」と政府からアナウンスされています。しかし仕事どうするの?会社行かないと仕事できないじゃん!って言うことですが、仕事の内容によっては、自宅で仕事ができる方もいらっしゃいます。会社に行かずとも、自宅で仕事をしても業務が成り立ついうものです。

事務系の人は多数の業種で可能だとは思いますが、製造系や店舗、現場系などはまずムリです。もし在宅業務が可能な人が100%在宅になったら、相当な人の往来がなくなり、感染防止にもなるのではと思います。

事務系でも出来ない事もある

プログラマーとかデザイナーとかクリエティブ系の業種では、かなりの確立で可能でしょう。開発系でもPCだけで業務が成り立つなら比較的可能でしょう。しかしコアな部分には近づけない事もあります。

例えば開発系の場合であれば、社外に漏洩しては困ることを行っているはずですので、それをリモートで行うにはリスクが高いです。一般的な事務職で例えば企業の経理などでは普段は仕事中はずっとデスクに座っているだけが多い為に、家に居ても変わらないかもしれません。

ところが、社内から集まってくる領収書の整理などは物理的なものが移動しなければ成り立ちません。かりに伝票類は写真撮って送る。と言うことをすれば可能かも知れません。そのあたりは、工夫次第で可能なことも有るかと思います。

在宅をするにあたっての懸念事項

さきに書いたようにセキュリティ云々は当然です。それが出来ていないとそもそもが成り立ちません。しかし強引な言い方になりますが、セキュリティはお金で解決できることです。お金のちゃんとした使い方(投資方法)でセキュリティは高めていくことが可能です。

在宅者のパソコンなどもいわばお金で解決できる問題です。設備投資するかしないかの問題です。

人の心はお金では買えない

お金では買えないものが有ります。在宅で仕事をする場合において重要なのは、働く人の心です。どういうことかと言えば、在宅とは言えカメラで監視されるわけでもないので、寝ていても内職していても遊んでいても判りません。

グループワークシステムのようなもので、随時進捗を報告するなどを採用されていても、本当かどうかは確定できません。

重要なのは、自宅で誰に管理監督されることなく、スムーズに仕事を行うことができるかと言うことです。

以前から在宅している人は別として、いまの新型コロナウイルス・武漢肺炎(COVID-19)問題で、にわか在宅ワーカーになる人には、子供の学校が休みになり家族も自宅にいると言う方も多いと思います。その場合、仕事だけではなく「家族」とも向き合うことになります。とはいえ家族サービスをすると言うのではなく、環境的な問題です。普段会社に家族はいませんので、そのなかで仕事を行っていかなければならない。ということです。

自宅の環境

会社が業務環境やセキュリティシステムにも投資し在宅ワークの環境はととのいました。しかし自宅の環境はどうすることも出来ません。なかには自分の書斎を持った方もいらっしゃる事でしょう。たいていの人は自宅で仕事をするために家を設計したり、そういった環境を考慮して家を買ったり、マンションを借りたり等はしないでしょう。

そう言った環境の中で、会社と変わらず仕事をしなければ成りません。そこには強い意志と努力。そして家族がいる方は家族の協力も大切です。

コミュニケーション

大抵の企業では机が並んでいて同僚が隣などで仕事をしています。小規模であれば隣席者はまったく違う業務をしているかもしれませんが、隣の同僚も同じ仕事をしていることも多いかと思います。そういうばあい、なにかつまずいたり、不明瞭な事やちょっとしたことは、口頭で「これちょっとみて」とか「これどう思う?」などのコミュニケーションで解決しようとするはずです。

在宅の場合は口頭でちょっと!って事が出来ません。あえてするなら文字チャットや音声チャット、電話などを駆使しなければなりません。とはいえ物理的に口頭で会話が出来ても空気を読むことや前後の流れも判りませんので、コミュニケーションがかなり困難な事になります。

人によっては孤独な業務になるので、周囲に人がいなければ逆に集中できないという方も居るのではないでしょうか。

時間の問題(管理)

会社に行く場合基本的には始業時間に合わせて出社します。そして昼休みなどの休憩時間も大抵の会社では時間が決まっているかと思います。当然業種によっては仕事の流れによっては時間がずれること<a href=””>貼るかと思いますが、基本的には12時から13時はお昼休みなどと目安があります。

でも自宅で一人の場合、ある意味好き放題です。業務の進捗より結果だけを重視するような方針の場合、出来てしまえば遊んでいてもいいわけです。とはいえそう簡単にはいきません。仕事をさぼればその分しわ寄せがやってきます。

働く人のメンタルの強さが重要です

働くという事の環境が変わるだけですることは同じです。しかし環境諸々が違うので会社に居るのと同じようにはできません。先に列記したように様々な懸念事項をクリアしなければなりません。

いわば「強いメンタル」が必要になります。メンタルの源は、なんでしょう?仕事を成し遂げ無ければならないという、強い意志でしょうか。

そればかりを先行してしまうと、逆に精神が凹んでしまいかねません。

気持ちの持ちよう考えよう

実は私はこの3年ほど在宅業務です。仕事柄可能ですし、会社のサーバーとのセキュリティも高めて担保しています。朝起きたら、顔洗って着替えて通勤という事は必要ありません。非常に楽です。通勤という時間が自分のものになるのです。その分をどのように使うのかは自分の才覚に委ねられます。

通勤時間分寝るなど自由に使えます。時間帯も基本的な8時間労働として割り当てるのなら10時から19時まで(1時間休息含む)ででもよい訳です。

もちろんクライアント様への打合せに出向かなければならないときもありますが、概ねその日の都合によって時間をずらすことは可能ですので、気分的にリラックスして業務がおこなえるという利点はあります。

通勤に片道1時間かかる人が在宅をすると2時間「120分」も時間を手に入れることが出来るのです。

ですので、取り組み方考え方でいくらでも効率よく仕事は出来るのです。それは働くという気持ちと、やり遂げるという気持ち。それが重要では無いかと思います。

企業側のメリット

かりに全社員在宅なら社屋は不要です。とはいえ会社として登記するなら住所は必要ですが、それはどうにでもなるでしょう。レンタル社屋でも問題ないと思います。もしくは最小限の規模でのスペースで済むので賃貸料金がやすくあがります。

従業員の通勤費も不要です。ほかにも色々あるでしょう。その分設備投資は必要です。設備も陳腐化しますからメンテナンス費も継続して掛かります。

それらを天秤に掛けた場合、私は在宅の方が効率は良いと思います。

とはいえ全ての人材がきちんと仕事をこなせるのかということも有ります。そこは定期的に集まるなどの「社内コミュニケーション」が必要です。

柔軟に仕事ができる。

それで生産性が上がれば良いことだと思います。

コロナウィルス問題がきっかけで在宅になった人も多数いることと思いますが、事態が収束したあとも、効率よく柔軟に仕事が継続できるように在宅ワークが続ける事が出来ればと思います。

すべてが良いとも言えません

在宅者が増えると、出歩かないわけですからその分消費の機会も少なくなります。会社の帰りに一杯飲むというような事もありません。通りがかりの店で目に付いた物を衝動買いすることもなくなります。

しかしその分なんだかんだと人は消費活動を別のことで補うはずです。従来の消費行動とは違う形で。

もしかしたら今後そうなることを踏まえて、ネットで完結できるような新しビジネスモデルが登場するかも知れません。逆に言えば様々なビジネスの飽和状態とも言える現代においてのビジネスチャンスとも言えるのではないでしょうか。

はたかない人も働くきっかけになるかも知れません

いわゆる引きこもりの人がちゃんとした職業に就くチャンスなのかも知れません。引きこもりだけではなく病気やケガなどで思うように動けない人も可能になります。企業にとっても、例えば障碍をおもちで車椅子の方を雇用したいとは思うものの、障碍者対策が出来ていない事務所に迎えにくいことも無くなります。

全てが在宅というわけにも行かないですが、在宅業務というものが一般的な市民権を得るようになれば、今後の社会も変わってくると思います。

LINEで送る
Pocket