生活,  社会

改正健康増進法施行

LINEで送る
Pocket

2020年4月1日以降は、屋内原則禁煙

東京オリンピック2020で海外からの来日者(観光客)が増えることを出しにして、屋内は禁煙にするという法が施行されます。「原則」となっているのは、一定の条件を満たせば屋内でも禁煙が可能であるという、緩和措置みたいなものです。

嫌煙者にとっては、当たり前だ!と言うことでしょうが、喫煙者にとってはますます吸う場所がなくなり、ゆっくりとタバコをくゆらせる。ということが非常に困難になります。
特に飲食店では大打撃とも言える法施行になる事でしょう。一般的なレストランでは昨今の嫌煙運動で、喫煙客を選ぶか非喫煙者を選ぶかを天秤に掛け、圧倒的に多い「非喫煙者」を選んだことから、ファーストフードやファミリーレストランではほぼ全店禁煙になっています。

ところが、居酒屋のような「アルコール」を提供する飲食店では、やはりタバコを嗜む客層が多い為に、タバコも吸えないのか?となり、客足が遠のく可能性が大きく秘めています。

東京都は独自の条例を制定

東京オリンピック2020を控えていた東京都ではさらに規制を厳しくしています。基本的には、改正健康増進法とおなじですが、それに増して「従業員の有無」が規制対象となります。どういうことかと言えば、タバコを吸わない従業員が客が吸ったタバコの主流煙で健康を害するというところから、仮に喫煙可能なお店の場合、お客さんに吸わないでとは言えないですから、ばかばかと吸われた煙の中で仕事を強いられる事への措置です。

改正健康増進法のポイントは

  1. 客席面積が100㎡を超える
  2. 資本金が5,000万円を超える
  3. 2020年4月1日以降の新規店

これらに一つでも該当すると、原則禁煙の規制になります。しかし、これに該当しない既存店では、所在の自治体による個別の規制が無い限り喫煙は可能です。

禁煙を強制するものではないが

あくまでも、喫煙と飲食を提供出来るかが重きがおかれています。とはいえ実質は吸えなくなるお店が多数出てしまいます。喫煙室を設ければ喫煙可能なお店もありますが、その場合飲食を提供出来ないとか、かなり複雑な要素が含まれています。

いわゆる紙巻きタバコはダメだけれども、加熱式タバコであればOKとか、主食は提供出来ないとか。。。つまりスナックやバーでおつまみならOKという感じですね。

当然のことながら喫煙可能や喫煙室のあるお店には、20歳未満の客や従業員は入店不可になります。喫煙可能となるものの、未成年の大学生などはアルバイトなどで雇用できなくなります。またそれらの分類を表示する義務もあります。

標識の一覧

16もの種類があります。

喫煙専用室に関する標識
加熱式たばこ専用喫煙室に関する標識
喫煙目的室に関する標識
喫煙を主目的とするバー、スナック等
たばこ販売店
公衆喫煙所
喫煙可能室に関する標識
その他の標識
さらにこれらに脱煙装置を設置した場合

と、訳わかりません・・・。

詳しくは厚生労働省のサイトで詳しく表示されています

https://jyudokitsuen.mhlw.go.jp/sign/

閉め出せば閉め出すほど開き直る喫煙者が悪い

昨今の喫煙事情から言えることは、喫煙者のマナーが悪いことが大きな要因でも有ると思います。折角喫煙所を設けてくれているのに、子供を連れてはいるとか、灰皿があるのに吸っている最中は下に灰を落とし、最後消すときだけ灰皿に入れる。もってのほかです。
また屋外でパーティションでしきられていて、そこで喫煙してね。って小学生が観ても判るスペースの入り口辺りで吸うとか。

こういうことの積み重ねが、今回の改正健康増進法がとおってしまうんだと思います。

ちょっとしたマナーを守れないなら吸うな!といいたい。

そういうマナーの悪さが吸える場所をどんどん減らしていくんだよ?

リアタバから加熱式タバコ・電子タバコへ

リアタバとはリアルなタバコ、つまり一般的な紙巻きタバコで、火をつけて吸うものです。これは紙やタバコ葉を燃やして煙を吸うのでタールを吸うことになり、臭いもします。嫌煙者に嫌がられる「臭い」というのは、この燃える臭いですね。

加熱式タバコで状況が変わりつつある

5年前くらいから流通しだした、iQOS・gloなどの加熱式タバコ。これは葉を燃やさず葉っぱを加熱することで、成分だけを吸い込むものです。火をつけないので火災の心配もないし、煙も出ません。しかし、葉っぱを直に加熱するので独特の臭いがします。紙巻きタバコに比べたら優しいですが、焦げた感じで焼き芋の臭いだと言う人もいます。

加熱式タバコの出現で喫煙事情はかなり変わってきました。いまでは紙巻きタバコはダメですが、加熱式タバコはOKというお店も出てきています。

今回の改正健康増進法でも加熱式タバコであれば、飲食の提供もOKというパターンもあります。やはり煙が出ないというのが最大のポイントでしょう。

しかしiQOSの仕組みをよくご存じない方からすると、煙吐いてるぞ!と思われるでしょう。あれは煙ではありません。iQOSのタバコスティックには専用のタバコ葉が入っていますが、その葉にグリセリンが含まれているのです。葉っぱの乾燥防止にもなります。

加熱した際にそのグリセリンが気化しているものが電子タバコの煙のようなものです。日本語では蒸気と例えられていることが多いですが、蒸気とは水が気化したものですので、実際には蒸気ではありません。ですのでミストというのが適切だと思います。

加熱式タバコのデメリット

良いことずくめの様に思い受ける加熱式タバコですが、紙巻きタバコを長年吸い続けてきた人からすれば、残念なこともあります。なによりニコチンの度合いが低いのです。ご存じの通り紙巻きタバコにはニコチンとタールの強さの種類があります。同じ銘柄でも少ないものからきついものまで沢山種類があるものも有ります。

紙巻きタバコの1mgとか3㎎を吸われていた一にはiQOSはスムーズに移行できるかと思いますが、Peaceのようなきついタバコを吸っていた一にはまったく物足りません。折角iQOSを買って吸い始めたが、結局元に戻ってしまった。。。と言う方も少なくありません。

電子タバコ

電子タバコは加熱式タバコと一緒にされることが多いですが、実際にはまったく違います。電子タバコは、リキッド(主成分グリセリンに香料がまじっているもの)を気化させて吸うものです。液体を直接加熱するために、加熱式タバコのように焦げた臭いが全くしません。

このリキッドにニコチンを添加すると、タバコとほぼ同じ効果があります。海外ではこれが主流になりつつあります。煙も出ない。臭いも無いわけですし、ニコチンの濃度も自由に調整が出来るからです。

日本ではニコチンは購入できません

リキッドのメーカーでニコチンを混ぜ合わせたものは日本国内では購入できません。ニコチンは劇薬指定となっている為です。ただし個人で使用するためだけに限り個人輸入として1ヶ月に120mlまで輸入可能となっています。

とはいえ、輸入したものを他人に販売したり譲渡したりすれば違法行為となります。あくまでも個人で楽しむためだけの目的にて可能なのです。

電子タバコのイメージ

アメリカで電子タバコを吸ったためになくなった未成年が話題となり、電子タバコを規制する動きが出ています。

しかしこれはニコチンの代わりにTHCという大麻の成分が入っているリキッドがあるのですが、アメリカでは週によっては大麻可能なところもあります。とは言え未成年は購入できません。また価格もそれなりにしています。

そこで、未成年や貧困層がブラックマーケットのTHCに手を出したのです。ブラックマーケットのものは品質も悪く衛生面もまず考慮されていません。適切な配合量でも無かったと思います。

それら粗悪品を吸った人達が亡くなったりしたものです。

VAPEは改正健康増進法の規制対象外

電子タバコは「VAPE」というのですが、これであれば加熱式タバコでも無いので、今回の改正健康増進法には適応されません。とはいえニコチンの添加したリキッドを吸った場合、たばこと同じ様に吐き出す際に100%ニコチンが体内に吸収されるものではないので、吐き出したミストにニコチンが含まれるので、周囲への影響は少なからず有ります。

とはいえ紙巻きタバコからすれば遙かに健康被害は少ないと思います。

だからといってバカバカ吸えば良いというものではなく、ここにも「マナー」と「思いやり」が大切です。

今回の改正健康増進法をステップに、喫煙者のマナー向上が望まれます。吸えないからと表に出て灰や吸い殻をポイ捨てしたり、注意されたら逆ギレしたり等もってのほか。

紙巻きであれ、加熱式タバコであれ、VAPEであれ、マナーは大切です。これが悪くなると、周囲にやさしいVAPEでさえ、規制対象が厳しくなり吸えなくなることになりかねません。

LINEで送る
Pocket